兵庫神戸BrandNew100

Menu

ブランド誕生の背景

北は日本海、南は瀬戸内海に面し、 四季折々特色のある気候や豊かな自然があふれる、兵庫県。
開港150年を迎え、レトロモダンな港町文化が息づく「神戸」をはじめ、 優雅な芸能や文化にきらめく「阪神」、世界遺産姫路城のある「播磨」 城崎・湯村の名湯、日本海の味覚に恵まれた「但馬」 丹波栗・黒豆などブランドグルメあふれる「丹波」 瀬戸内の島ならではの魅力がつまった「淡路」など。 この地の豊かな自然に育まれた農畜水産物をはじめ、 地域で生まれた食文化、歴史と伝統とともに継がれてきた技術を、 “こんなにも素晴らしい” というあふれるストーリーとともに知ってほしい。 そのような思いをこめて《 兵庫県ブランド 》として、 全国的・世界的に発信していく『HYOGO KOBE BRAND NEW 100』が生まれました。

ブランドロゴについて

Hyougo Kobe BanrdNew 100

兵庫県の名品・名所で描かれた、たまご。 あたらしいものが生まれるワクワク感をあらわしています。
魅力あふれる商品群や数多いラインナップを表す100は『ひやく(飛躍)』とかけて、世界へ、未来へはばたく願いを込めています。
商品パッケージには、ゴールドに輝くシンプルなデザインを使用しています。

わたしたち、fm6について

このブランドで生まれた商品の販売者は、わたしたちではありません。
あくまでこのブランドの主役は、自分たちの生産物や技術や伝統、地元観光資源をPRする商品をつくりたい、という地元メーカーや事業者、生産者さんです。

このブランド運営は、全国区でダイレクトマーケティング事業を展開する(株)フェリシモと、兵庫県ブランドの価値を高めコンサルティングする(株)エムズブランディングの共同事業体fm6(エフエムシックス)が運営しています。 地元メーカーや事業者、生産者の商品をつくりたいという思いから始まり、商材企画や原材料探索、商品ブランディング、 販売・販売サポートまで、わたしたちfm6が寄り添いパートナーとなって一緒にカタチにしています。 できた商品は、このロゴマークをつけ、その思いと兵庫県の魅力ともに一緒に羽ばたきます。
このロゴマークを見つけて、商品を手に取り、兵庫県の魅力をたくさん知ってほしい、そのような思いをつなげていきたいと思います。
また本事業には、兵庫県・神戸市をはじめ多くの行政、企業さまにもサポートいただいております。

これまでの活動

2017.10HYOGO KOBE BRAND NEW 100 応援サポーター企業ヒヤリング会
2018.3HYOGO KOBE BRAND NEW 100 ブランドお披露目会開催
2018.3食都神戸大交流会 参加
2018.4~商品販売開始(順次)
 応援サポーター企業ヒヤリング会
 ブランドお披露目会開催
 食都神戸大交流会 参加
 商品販売開始(順次)
 ひょうご農イノベーション推進協議会 商品づくり商談会 開催
 伊藤忠食品社内商談会参加(東海・東京)
 HYOGO KOBE BRAND NEW 100 ブランドお披露目会(東京)開催
 応援サポーター企業ヒヤリング会

ページトップへ